ごあいさつ

アリスホームは住宅・ショップのデザイン設計・施工をさせていただいております。
20年以上前には珍しかったイギリスの建築古材、窓、ドア、瓦などを使って家を建てることから始まりました。
タイトルが「2-6-1」というアトリエです。
以来、日本の材木、本漆喰、無垢板などで構成された躯体にフランスやイギリスで買い付けた建築資材、アンティークドアやオリジナル家具などを組み合わせ、年を経ても色褪せない建物、空間をお作りしております。さらにアリスホーム空間に欠かせないのはオリジナルのモールドア、家具、エージング塗装やモルタル造形を含む「Alice Arts&Craft」です。

大阪、神戸にとどまらず東京、横浜からもご依頼いただき、これまで120プロジェクトを形にしてまいりました。ワクワクする空間に人が集い育むを信条にお客様の理想や夢をじっくりゆっくりお聞きし、時間をかけてプランし実現してまいります。
お引き渡し後もメンテも含めファミリーのように永くお付き合いさせていただいています。

 

新名典子のプロフィールはこちら >>
【新着】建築デザイナー新名典子のフォトエッセイができました >>

二階のバルコニーの上にもう一つのお部屋を、
寝室から続くコンサバトリーをお作りしました。

新築と違い既存建物に増築しますので、取り合い、耐力壁など熟慮する点は様々ありました。
アフタヌーンティーを楽しむEnglish スタイル。
構造と使い勝手は日本の風土文化に馴染むコンサヴァトリーをお作りしました。
◆◆◆詳しくはこちら◆◆◆

◆◆◆ Arts&Crafts編 ◆◆◆
◆◆◆ インテリア編 ◆◆◆
◆◆◆ モルタル造形&ニッチ編 ◆◆◆
◆◆◆ 成り立ち・構造編 ◆◆◆
◆◆◆ Kamakura2019 ショートver編 ◆◆◆
◆◆◆ Kamakura2019解体編 ◆◆◆

Shabby Chic

Shabby chic(シャビーシック)とは?

私達の考えるシャビーシックとは、
アッシュホワイト、アッシュグレイを基調とし、アンティーク資材、アンティークインテリアを取り入れた上質な空間です。

レンガ、瓦、梁などの資材、窓、ドア、照明など家具などは
フランスイギリスで買い付けたを物を使って(用いて)
独自のアリスシャビースタイルを造っています。

Client Voice

貝細工の店でいどーん/絵本屋 Dear 2019 鎌倉
すごく大変な条件を一つ一つクリアーにしてくださり感謝しています。 イメージ以上のものができて大変喜んでいます。 可愛くておしゃれというだけでなく、来て下さる方々皆さまに喜ばれる、 かわいい小さな森に立っている絵本のお家みたいと好評です。
詳しくはこちら
N様邸 新築工事 2019 神戸
無理難題やわがままを取り入れ、どんどん形にして下さるアリスホームの皆さんには感謝の気持で一杯です。 まず思うのは、家がとても暖かくて快適ということです。 デザイン性だけでなく性能にも大変満足しております。 主人が書斎をとても気に入って大変喜んでおります。
詳しくはこちら
カーサ コンポステラ 2002 大阪
若い人からも「可愛い。素敵。」と言われ、支持されているのを感じます。 アリスホームさんはフランスでの生活経験があるので、長い間フランスで修行をしていた自分の希望を120%かなえてくれて大変満足しています。 本店の方は昨年Closeしたのですが、Casaは予約のみの対応ですが引き続き営業しております。 古くからの根強いファンだけでなく若いママさんなどにも新規で利用していただいております。
詳しくはこちら
Caqutoire 2012 滋賀
この空間はとても気に入っています。 竣工してからまる8年になりますが、今でも大好きな場所です。 生徒さんからどこでリノベーションしたのかよく聞かれます。
詳しくはこちら

Works

Interior

Renovation